flow04_img001

買付証明書

不動産業を営み、土地、建物の売買に携わっているとよく「買付証明書」という

言葉を耳にします。

重要な証書と解釈される一般の方もおられるかと思いますが、実際は単なる

 「予約申込書」 

法的な効力は何もありません。

ある物件(土地、建物)を購入方向で検討している時、

売り手側に「その不動産を購入する意思がある」というのを、

口頭ではなく、書面として伝える為のものです。

故に買付証明書を発行していても、正式な売買契約書を締結する前に

何らかの事情で購入をキャンセルした場合、売り手側に違約金等は

勿論請求されませんし、その取引は白紙の状態に戻ります。

とはいえ、署名捺印をして売り手側に提出するのが一般的であり、

もし上記の例で、途中キャンセルの際「買付証明書」の発行を逆手に

取り、不利益になるような条件を押し付けてくる不動産業者さんがいたら、

それは違法です。お気を付け下さい!

 

●一般的な買付証明書の書式

kaitsukeshomeisho01

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。