新無題

賃貸マンションの相続税対策♪

ここ数年相続をめぐるトラブルが増えています。

特に不動産相続は現金のように簡単に分割できないので、相続時の処理方法で問題になることが多いです。

相続税は平成27年から最高税率が50%から55%に増税になりました。

新相続税

 

建物は時が経てば立つほど減価償却によってその価値は下がりますが、土地はその価値が下がることはあまりないので、高額な評価になります。

そこで、節税対策として、土地の評価を下げるために賃貸物件を建てて借金を作ることで相続評価額を減らそうとしています。

 

何故賃貸物件を建てると節税になるかを簡単に説明します。

土地の路線価が5000万円の土地に5000万円を借入して賃貸マンションを建てたとします。

土地建物

賃貸マンションの相続評価の場合、建物は固定資産税評価で計算します。

固定資産税評価額 x (1-借家権割合30%)

という計算になります。借家権割合の30%というのは全国一律です。

固定資産税評価額が5000万円とすると、

5000万円x(1-0.3)=3500万

土地

固定資産税評価額 x(1-借地権割合60%x借家権割合30%)

となり、

5000万円x(1-0.6x0.3)=4100万円

となります。

つまり・・・・

建築前  土地5000万円 +建物5000万円 = 1億円

建築後  土地4100万円 +建物3500万円 =7600万円

5000万円の借入で建てた賃貸マンションは

2400万円の評価の差が相続税を減額させてくれることになります。

 

但し、これは机上の空論で、実際には入居率の問題やマンションの維持費等もかかり、収支が上手くいかない事も多いですので、そこの土地にどういった運用価値があるかは専門の不動産業者に相談してみることをオススメ致します。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。