不動産を売る時の税金ってどのくらいかかるの??

その次に所有年数を確認します。その理由は、所有年数によって税率が変わってくるから!!なのです。

場合によっては、譲渡所得がゼロやマイナスになることもあります。その場合は税金がかかりません。けれども、税金がかかる場合も、かからない場合も、確定申告が必要です。「不動産を売却したら確定申告をする」ということは覚えておいてくださいね。13

譲渡所得は、所有期間によって長期と短期に分類されます

長期譲渡所得 譲渡した年の1月1日現在で所有期間が5年超え
短期譲渡所得 譲渡した年の1月1日現在で所有期間が5年以内

税率

所有年数 所得税 住民税 復興特別取得税 合計
長期譲渡所得 15% 5% 0.315% 20.315%
短期譲渡所得 30% 9% 0.63% 39.630%

≪軽減税率の特例≫かやぶき

さらに…所有期間が譲渡した年の1月1日の時点で10年を超えるマイホームを売却する際、一定の要件に当てはまれば、税率が軽減されます!!!!

適用要件

  • 不動産を売却すること
  • マイホームに住まなくなってから3年目の12月31日までに売ること
  • マイホームを売却した年の1月1日の時点で所有期間が10年を超えていること
  • 売る相手との関係が親子、夫婦、生計を共にしている親族でないこと
  • マイホームを売った年の前年、前々年にこの特例やマイホームの買い替え・交換の特例などほかの特例を受けていないこと

矢印矢印矢印アパート

課税譲渡所得が、

6000万円以下の部分・・・・・・14%

6000万円超の部分・・・・・・・20%

ちなみにこの軽減税率の特例は3000万円の特別控除と併用してうけることができますよ♪

街並み街並み街並み街並み街並み

ちょっとややこしいですけどどうでしたか??ご自分でどのくらい税金がかかるのか計算するのは大変ですよね 😐

不動産の査定をさせて頂ければ課税される税金まで詳しくお調べすることができますので、ぜひ当社へご相談をしてみてください♪♪♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。