リフォームの補助制度について

住宅のリフォームには、税金の控除や補助金など様々な支援制度があります。

このページでは、ぜひチェックしていただきたい補助制度を2つご紹介します!
(下記内容は、2022年7月15日時点での情報をもとに作成しています)

 

こどもみらい住宅支援事業
対象のリフォーム工事を行ったすべての世帯(子育て世帯以外も)を対象に、5万円から最大60万円の補助が受けられるものです。

<対象>
以下のリフォーム(いずれか1つ以上)を含む工事を行い、補助額が5万円以上の場合
① 開口部の断熱改修(補助額:2000円~3万2000円/箇所)
② 外壁、屋根・天井または床の断熱改修(補助額:1万8000円~10万2000円/戸)
③ エコ住宅設備の設置(補助額:太陽熱システム2万4000円/戸 ※設備により異なる)
­­ …太陽熱利用システム/節水型トイレ/高断熱浴槽/高効率給湯機/節湯水栓
上記①~③と組み合わせることで、子育て対応改修、耐震改修、バリアフリー改修等についても補助対象となります。

<補助金の額>
1戸あたり上限30万円
ただし、子育て世帯または若者夫婦世帯が既存住宅(中古戸建)の購入を伴う場合は最大60万円となります。

<申請期限>
2023年3月31日まで(予算が上限に達すると締め切られます)

<その他条件>
・契約する事業者が「こどもみらい住宅事業者」として登録されていること
・国の他の補助制度との併用不可

詳細は下記公式サイトをご確認ください。
「こどもみらい住宅支援事業」
https://kodomo-mirai.mlit.go.jp/

 

大分市子育て・高齢者世帯リフォーム支援事業
子育てや三世代同居のための改修工事、バリアフリー工事を行う住宅の所有者を対象に、大分市が補助金の交付を行います。

<対象>
以下のいずれかに該当する世帯
①【子育て世帯】世帯の構成員に18歳(令和4年度の4月1日における年齢)未満の子どもがいる世帯
②【三世代同居】18歳(令和4年度の4月1日における年齢)未満の子どもを含む三世代が同居する世帯(出産や転居等により申請日以降に三世代同居となる世帯を含む)
③ 【高齢者世帯】世帯の構成員に65歳(申請時における年齢)以上の高齢者がいる世帯

<補助金の額>
①【子育て世帯】最大30万円(子育てのための改修工事経費の10分の2)
②【三世代同居】最大75万円(三世代同居のための改修工事経費の10分の5)
③ 【高齢者世帯】最大30万円(バリアフリー改修工事経費の10分の2)

<募集期間>
2022年6月1日~12月28日(予算の範囲内で受付)

<その他要件>
・大分市内にある住宅であること
・原則として、施工者が大分市内に本店を有する法人もしくは大分市内に住民票がある個人であること
①~③のいずれに該当するかにより、対象のリフォーム工事内容や世帯構成員などの要件が異なります。

詳細は大分市HPをご確認ください。
「大分市子育て・高齢者世帯リフォーム支援事業の補助金交付制度をご利用ください」
http://www.city.oita.oita.jp/o168/kurashi/sumaijoho/1461824914560.html

なお、上記2つの制度は併用できますが、同じリフォーム内容(箇所)で申請することはできません。

 

中古戸建を売りたいときのリフォームについては、こちらの記事もご覧ください!

不動産売却とリフォームについて

高く売るためのコツはこちら♪

売却の成功ポイント

いふう不動産仲介中古住宅中古戸建別府市大分市株式会社いふう