相続した不動産でお悩みの方・・

最近とても増えてきている問い合せが相続した物件についてです。

そこに入居する方がいて活用してくれるのが一番ですが、そうでなければ

①売る②賃貸する③駐車場にする④とりあえずそのままにしておく

の4択です。

①売る場合

不動産を売却すると一括でまとまったお金が手に入りますが、売ったら終わりですので継続してお金が入ることはありません。

②賃貸する場合

賃貸は継続して賃料収入を得ることができますが、管理費や修繕費、固定資産税等の所有者側が支払わなければならない費用も結構あります。また、賃貸人がいる場合、売る事はなかなか難しくなるので、売らないと決めてから賃貸にした方が良いでしょう。

③駐車場にする

月極駐車場にする場合、近くにお住まいの場合はご自分で管理ができますが、遠くにお住まいの場合は地元の不動産に依頼して駐車場の管理をしてもらう必要がでてくるでしょう。

また土地を駐車場とすると、固定資産税が高くなるので事前に資産税課にいくらぐらいになるのか尋ねるのが良いでしょう。

④とりあえずそのままにしておく

この場合、古屋がある場合は台風等の災害で崩れて近隣に迷惑をかけたりしないよう解体したり、更地の場合は雑草の処理をきちんとしたり等を気をつけなければなりません。

 

以上、簡単に記載しましたが、それぞれにメリット、デメリットがあるので自分の都合にあった選択をして悔いのないようしましょう。

 

相続、大分、不動産、いふう、管理、賃貸、売買