競売と任意売却の違い (任意売却 その2)

<任意売却による所有者のメリット>

1.市場価格に近い価格で売却でき、競売での売却基準価格を下回る可能性は極めて低いので債務(借金)残高をできるだけ多く減らす事ができます。

2.売却代金の中から引っ越し等にかかる費用の一部を控除することができる可能性があるので、費用の自己負担を抑制できる可能性もあります。

3.一般的な不動産売却と同じ売却方法なので、経済状況を近隣に知られずに済みます。

4.契約時期や引っ越し時期などについて、相談することができます。

5.売却後、残った債務残高の返済方法について相談する事ができます。

<競売による所有者のデメリット>

1.市場価格に近い価格で売却できる保証はなく、一部人気地域以外は市場価格を下回る可能性があります。

2.落札者から引っ越しにかかる費用を負担してもらえない可能性があり、その場合は引っ越し費用を自分自身で用意しなければなりません。

3.競売申立費用(約60万~)や遅延損害金(年利15%前後)が債務残高に加算されてしまいます。

4.裁判所で公告されてしまうので、近隣に自宅が競売にかけられていることが知れ渡ってしまう可能性が高いです。

5.売却日は裁判所が強制的に決めてしまいます。引っ越し時期は落札決定から約1ヶ月以内が一般的でそれまでに引っ越せない場合は強制執行になってしまう可能性があります。

 

任意売却のデメリットというのは特になく、任意売却で売れなければ競売にそのまま移るというだけのながれです。かといって簡単に任意売却できるわけでは無く、全ての債権者の了承を得る必要がありますので、手遅れになる前にご相談頂ければと思います。

 

 

不動産、任意売却、大分、売買