売却する時にやりがちな「絶対NG」なこと

高く売ろうとするあまり、ついついやってしまいがちな「絶対NG」なことをしていませんか??

知っているのと知らないのでは大きな差がでますので、是非以下のことを気をつけてみてください!!

①内覧時

 

必ず買い側は家の中を見て購入するかどうか決めます!

●部屋のレースカーテンを閉める?

綺麗に見せようとレースカーテンを閉める方が多くいらっしゃいますが、逆効果です!カーテンは全開にして外の光を取り込んでできるだけ明るく見せましょう!相手は陽当たりの良さを必ず確認します!

●オシャレにみせようとモノを飾る?

モノはなるべく隠して生活感がないように演出しましょう!その方が広く見えるし、実際に自分が住んだときのイメージがわきやすいです!

 

②売買価格の設定

 

これはとても重要なことです!

●複数の会社に査定を頼んで一番高い金額に決める?

A社:1300万  B社:1400万 C社:2200万

C社を選んでは駄目です!その査定根拠が納得のいくものであれば別ですが、この場合、正直に言うとA社もB社も相場より若干高めに出しているものです。売れなければ意味が無いので、相場がいくらなのか説明をきちんと聞いて査定額を決めていきましょう!

 

③売却前のリフォーム

 

売却するためになるべく部屋は綺麗にしておきたいものです。

●リフォームしてから売った方が良い?

せっかく費用をかけてリフォームして、長い間売れなかったらストレスになります。その上、購入後に好きなようにリフォームされたら、リフォーム損になってしまいます。ここは、購入者が好きなようにリフォームする事を考えて、敢えて何も手を入れない方が賢明です。

 

④3社以上の会社に募集依頼

 

 

売るときに1社のみに依頼する専任媒介契約と2社以上複数の不動産会社に依頼する一般媒介契約があります。

●より多くの会社に募集を頼んだ方が早く売れる?

専任媒介でも一般媒介でも、両方とも掛かる費用は同じなので、それなら複数の会社に依頼した方が情報が拡散されて一般の人の目に触れると思いがちですが、みんなが見るポータルサイトは一緒なので、そこに5社も6社も同じ物件をダーっと並べているのを見るのは、安物売出しセールみたいな印象を与えてしまうのでNGです。どうしても複数社に頼みたいのであれば2社までに抑えましょう。

 

 

 

不動産、売買、大分、内覧時、

ローン残のあるまま家って売れるの?

住宅ローンが残っていても家は売れますか?と心配されている方が多く見られますが

最近では、住宅ローンの残があるまま家を売る方の方が多いです。

但し、売却時に住宅ローンの残金を完済する事が条件になります。

抵当権のついた不動産は基本的に売れませんが売却時に抵当権抹消(住宅ローン完済)を条件として売る事は可能です。

例えば1500万円の住宅ローンの残があり、その家を1600万で売却するのであれば、仲介手数料、抵当権抹消費用等の諸費用が約60万かかるので、それらを売買代金から引いて1540万残るので住宅ローンは返せて、40万手元に残る計算になります。

売買には思いもよらない費用が発生する事もあるので、住宅ローンの残プラス諸費用プラスαを見ておきましょう。

 

どうしても住宅ローンの返済が難しくそれ以上の金額で売れそうも無い場合は任意売却という選択肢もありますので、ご相談ください。 >>任意売却へ

なかなか売れない・・・

不動産を売りに出しているけどなかなか売れないとストレスが溜まります。売れない原因は物件にもよりますが意外に単純な理由だったりもします。

①価格が高すぎる

ほとんどの買主はネットで不動産を探します。興味のある物件は閲覧数が多くお気に入り登録件数も増えていきます。

<閲覧数が多いのに問い合せがない>

毎月の閲覧数が多いのに、問い合せが無いというのは、値段が高すぎて買主が躊躇していることが考えられます。その場合は少しずつ値段を下げて問い合せが増えるようにしましょう。

<閲覧数自体が少ない>

ネットへの掲載の仕方に魅力が無い事が考えられます。画像自体が少なかったり写真の撮り方が下手だったりすると閲覧数が少なくなります。この場合は依頼している不動産会社に再度御願いするか、不動産会社自体を変更した方が良いでしょう。

②依頼している不動産に販売能力がない

依頼している不動産会社がどのくらいの販売実績をもっているのかを確認しましょう。一つの方法としてアットホーム等のポータルサイトでどのくらい売り物件を扱っているかを見ると良いでしょう。数が少ないと、やる気が無いか、そもそも売買に強くないので、数多く扱っている不動産会社に依頼先を変えても良いでしょう。

 

おすすめ物件 田舎暮らし おいしいお店 NewOpen 役立つ不動産税 その他のニュース